2019年01月14日

御岳山・初詣(2)滝本参道を歩いて登る


                                                         ハイキングランキング
御嶽駅から観察しながら歩いて約1時間程、やっと辿りついたケーブル滝本駅で休憩させて頂き、身支度を整えて出発。
PC268837神社910 (208x370).jpg PC268839ケーブル滝本駅912 (208x370).jpg
 ケーブル駅上手の「稲荷神社」に手を合せ、参道へ石造りの小橋を渡って振り返り見たケーブル駅。

PC268838二の鳥居911 (440x248).jpg
こちらは向かう先の滝本参道口の御嶽神社「二之鳥居」です。
手前が石造りの「禊橋

PC268841龍の滝口913 (208x370).jpg PC268842龍の滝口913 (208x370).jpg
PC268840瀧913 (433x770).jpg
二之鳥居右手前には「滝本」の滝が龍口から流れ落ちています。

御岳山の名木たち
PC268843愛染桂913 (208x370).jpg PB017905神代銀杏935 (210x280).jpg
愛染桂」33m 樹齢150年   「神代銀杏」45m 樹齢500年

PB017907杉並木1号大杉938 (210x280).jpg PC268846三又杉924 (208x370).jpg
滝本の大杉」43m 樹齢350年 「三又の大杉」名木リストに無く勝手に命名

PB017910杉並木941 (210x280).jpg PB017911ろくろっ首943 (210x280).jpg
静かな杉並木の参道      「ろくろっ首」の道標にドキっ!

PB017913ろくろっ首 (440x330).jpg
ろくろっ首」の正体は曲がりくねった道

PB017916うまたてば (210x280).jpg PC268848 (208x370).jpg
うまたてば/馬立場」 馬を休ませたと言われるちょっとして平坦な場所の中ほどの石柱には「頂上本社迄廿八丁」の文字

PB017918タコ根の杉948 (495x660).jpg
PC268850蛸根杉929 (208x370).jpgP1089016 (210x280).jpg
次々と現れる蛸の足のような、王蟲の触手のような杉の根っこの下の空洞は、入ってみたい衝動に駆られますよね! 勇気あるお客様が早速入り込み、写真を撮って貰おうとスマホ準備中ですね^^

上りケーブルカーが先ず上り、すれ違い地点通過後、今度は下りケーブルカー
PC268853上りケーブル946 (210x118).jpg PC268855下りケーブル947 (210x118).jpg
古名を辿って江戸時代の気分に浸って居ると、突然、唸り音と共に通り過ぎる現代のケーブルカー・・・まるでタイムスリップしたかのような不思議な気持ちになります。

PB017927杉並木958 (210x280).jpg PB017928おおまがり1000 (210x280).jpg
急な曲り道からゆったりとした「おおまがり」に出ます。

PB017930杉並木1002 (440x330).jpg
朝の木漏れ日の中、静寂にして壮大な杉並木が続きます。

PB017934なかみせ1008 (210x280).jpg PB017935 (210x280).jpg
滝本参道入口と御師集落入口までの2.8kmのちょうど中間地点で「なかみせ」という茶店があった場所とのこと。

PB017937ケーブル橋梁1009 (210x280).jpg PB017938ケーブル橋梁1009 (210x280).jpg
赤い橋桁がまるで鳥居のように見える、ケーブル軌道「中の茶店橋梁」下を潜ります。

PB017940だんごどう1011 (210x280).jpg PB017941お地蔵様1012 (210x280).jpg
PB017943だんごどう1012 (440x330).jpg
だんごどう/団子堂」お堂の中のお地蔵様が手にお団子を持っているように見えることが名前の由来。

PC268859だんごどう1004 (440x248).jpg
秋の下見時(上の写真)にはなかった毛糸のお帽子とマフラーで暖かく冬装備をされていました。

PB017948じゅうやっくぼ1019 (210x280).jpg

 「じゅうやっくぼ/十薬窪」
 十薬とは十通り以上に大きな薬効のある
 ドクダミの別名です。
 昔この辺りの窪地に沢山のドクダミが
 生えていたのでしょうか。
 今はその痕跡はみつからず。

 この後に「だいこくのお/大黒の尾」
 =大黒尾根 があったのですが、
 ここだけ谷側なので見損なったり
 写真を撮りそこなったり、すみません!

PB017949あんまがえし1024 (210x280).jpg PB017946杉並木1018 (210x280).jpg
あんまがえし/按摩返し」
 此処には地名由来の看板が無かったので、「ここまで来たら、もう按摩さんは不要と返したのかな?」と思いきや、調べてみると「一旦登りきった坂道が下りだす地点なので、盲目の按摩さんが頂上まで来たと勘違いして引き返す」というのが由来とのこと。 本当に引き返したとは思えませんが、なかなか洒落たネーミングですよね。

PB017954やまのかみ1027 (210x280).jpg PB017956山の神1027 (210x280).jpg
やまのかみ/山の神」
 山の神様を祭る祠があり、ここから先は雲上の山の神のご神域、俗世との境とされた地点です。

杉の番号札も遂に、10、9、8、7・・・とカウントダウンできる地点に来ました。
PB017961杉Noカウントダウン (210x158).jpg PB017957くろもん1029 (210x280).jpg
くろもん」 嘗て御師集落の入口に立っていた黒門跡です。 

PB017960杉NO.1 (443x590).jpg
「くろもん」の道標の後ろに杉の「1番」が聳えています。 今は黒門の下に続いていた道も閉鎖され、右に車道ができケーブル駅からの道と合流しています。

PB017963道標1032 (210x158).jpg PB017964道標1033 (210x158).jpg
滝本参道/ケーブルカー御岳駅/御岳山・日の出山 分岐

PB017962いつもの道に合流1032 (210x280).jpg PB017965合流1033 (210x280).jpg
バスにもケーブルカーにも乗らず、自分の足で遂に、ここまで登って来て、いつもの道との合流しました!
「私たち、歩いて登って来たんです!」
って、ケーブルで上って来た人に、ちょっと胸を張りたいような・・・。(つづく)
posted by 山桜 at 19:43| Comment(0) | 奥多摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください