2019年01月11日

御岳山・初詣(1)御岳渓谷~滝本ケーブル駅下


                                                         ハイキングランキング
 氷点下の気温、明星輝く夜明け前に家を出ての早朝の集合時間にも関わらず、御嶽駅に勢ぞろいされた参加者の白い息が、出発前の機関車のように意気軒昂! 体操で更に身体を温めて、早々に駅の階段を下る。

 更に御岳渓谷への階段を下りると、清らかな水の流れせせらぎの音に包まれ、初詣前の禊のひと時。
PC268794多摩川 (440x248).jpg
PC268791カヌー旗門830 (440x248).jpg
多摩川

PC268790御岳渓谷829 (208x370).jpg PC268795根っこに注意837 (208x370).jpg
御岳渓谷」沿いの道 

PB017861杣の小橋・紅葉849 (210x280).jpg PB017862発電所850 (210x280).jpg
杣の小橋」と発電所(11月の下下見時)

PC268831コボタンヅル906 (440x248).jpg
コボタンヅルの実 左下のセンニンソウと同じセンニンソウ属(クレマチス属)の仲間。 花も実も似ているが、よく見ると白い髭の長さもタネの形も違う。

PB017864センニンソウ (187x280).jpg PC268818アジサイ冬芽 (207x310).jpg
センニンソウの実       酋長のようなアジサイの冬芽
冬芽の観察の最初の一歩にお薦めなのは、虫眼鏡なしでも観察可能なアジサイの冬芽。 一つ一つ微妙に表情が違って面白い。 酋長というか、ハワイのカメハメハ大王みたい?

PB017865神路橋への階段855 (210x280).jpg PB017867 (210x158).jpg
神路(かみじ)橋」への階段

PB017869神路橋856 (210x280).jpg PB017871神路橋から (210x158).jpg
神路橋と橋からの眺め(11月の下下見時)
PC268800神路橋から (371x660).jpg
神路橋からの眺め すっかり冬景色

PB017875 (210x280).jpg PC268803ナンテン842 (208x370).jpg
渓谷から上がる道         ナンテンの実

PC268802ユズ841 (208x370).jpg PC268805ピラカンサ842 (208x370).jpg
柚子              ピラカンサ

PB017884第1鳥居905 (210x280).jpg PB017885榎本武揚揮毫碑905 (210x280).jpg
真っ赤な御嶽神社「一之鳥居」  榎本武揚揮毫の石碑
旧一の鳥居についてはこちらをご参照ください。→ http://park2.wakwak.com/~ome.net/24bunkazai0142.html

PC268807お地蔵様844 (440x248).jpg
様々な表情のお地蔵様に今日の無事を祈って手を合せる

入口に琴平の石碑が立っていた階段は、地図に依れば琴平の滝などのみられる道に続く模様・・・

PB017890神社916 (210x280).jpg PB017893 (210x280).jpg
神寂た神社の鳥居     幾つか仰ぎ見た登ってみたい階段の一つ

PB017895茅葺家 (210x158).jpg PB017870 (187x280).jpg    
風情のある茅葺屋根       天狗さんのような冬芽

PC268810スギの実844 (207x310).jpg PC268813キヅタ (207x310).jpg
スギの実            キヅタの実

PC268814大沢川847 (208x370).jpg PC268815大沢川847 (208x370).jpg
PB017887 (210x280).jpg PB017899 (210x158).jpg
大沢川

PC268816光仙橋848 (208x370).jpg PC268819琴沢橋854 (208x370).jpg
光仙橋」          「琴沢橋」ここから右は滝本川、左は琴沢

PC268821スズメウリ857 (207x310).jpg PC268823カラスザンショウ858 (208x370).jpg
小さな白い卵のようなスズメウリの実、カラスザンショウの実は剥きたてのミカンのようないい香り

PC268825石津橋 (210x118).jpg PC268826石津橋900 (210x118).jpg
真っ赤な「石津橋」は模様替えの最中 一枚足りない緑の透かし絵が気になります。

PC268835オオバアサガラ909 (210x118).jpg PC268827オオバアサガラ実901 (208x370).jpg
オオバアサガラの木と実のアップ

PC268829ノキシノブ903 (208x370).jpg PC268832キヨスミイトゴケ (208x370).jpg
ノキシノブ(シダの仲間)       キヨスミイトゴケ(コケの仲間)

PB017898イラガ繭 (207x310)928.jpg PC268817ウスタビガ繭 (207x310).jpg
イラガの繭              ウスタビガの繭

PC268830お堂904 (208x370).jpg
奥多摩新四国八十八ヶ所第四十番札所

PC268833滝本の洪水防石907 (440x248).jpg
PC268834滝本の洪水防石907 (440x248).jpg
苔むした「滝本の洪水防石」はバス停広場の片隅にあり、往時の名残を留めて堂々たる風格ですが、乗降客の中に気付く人は殆どなく、歩いて登ってこそ目に留まる遺構です。

PB017900バス停931 (210x158).jpg PB017902御影御社933 (210x158).jpg
やっと普段降車するバス停に到着、「この坂が今日一番の難所です」といつもは苦しむ急坂が、ここまで歩いて来て温まった身体では難なく登れて嬉しい。 時間があれば立ち寄ってみたいと思いながら素通りの「御影神社」                
PC229606 (440x660).jpg
ついに歩いてケーブルカー滝本駅下に到着!

(つづく) 
posted by 山桜 at 20:33| Comment(0) | 奥多摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください