2018年07月13日

大岳山・下見

                                                 
                                                         ハイキングランキング

コース:(集合)JR御嶽駅-(バス)-ケーブル下駅-(ケーブルカー)-ケーブル御岳山駅~長尾平~芥場峠~大嶽神社~大岳山頂~芥場峠~ロックガーデン~天狗岩~ケーブル御岳山駅-JR御嶽

 JR御嶽駅階段下から道を渡って左手がバス停。 バス乗車時間は13分程。 バスを降りてケーブルカー下駅までの坂の上りが結構キツイ。 利用者の事を考えて、もう少し上までバスが行ってくれないものかと毎回思うが、準備体操と思えば良いか。

P7134376オオバアサガラ926 (213x320).jpg P7134377奥の院1010 (218x290).jpg
オオバアサガラ  9:26       奥ノ院  10:10
  
 坂を上り始めて直ぐ左手(谷沿い)のオオバアサガラの木が、四季折々目を楽しませてくれる。 今は花が終わってらせん状に見える実の房が面白い。 ケーブル御岳山駅を出て参道を進むと右にカーブする辺りで御嶽神社の奥ノ院が祀られている男具那の峰(甲羅山)に遥拝。 とても綺麗な三角の山(日本武尊の甲冑を納めたという伝説)。 

P7134378オオゴマダラエダシャク1011 (218x290).jpg P7134379ヤマユリ1011 (218x290).jpg
オオゴマダラエダシャク(蛾)    ヤマユリ 10:11

P7134380ヤマユリ1011 (220x165).jpg P7134382ヤマアジサイ1015 (210x140).jpg
ヤマユリの蕾 10:11        ヤマアジサイ 10:15

ヤマユリは丁度さき始めた所で、強い香りを放っていた。 ヤマアジサイは受精が終わり、役目を終えた装飾花は俯き下がっていた。

P7134381オオバジャノヒゲ1012 (213x320).jpg P7134383オオバギボウシ1017 (213x320).jpg
オオバジャノヒゲ 10:12     オオバギボウシ 10:17

どちらも「大葉」が付くが、一方は掌に収まる程の草姿。 一方は1mを超える堂々たる草姿。

P7134384ハマナス?1018 (213x320).jpg P7134385ホオズキ1018 (213x320).jpg
ハマナス? 10:18         ホオズキ 10:18

こんな所にハマナス? 植えたものだろうか、それとも似た違う種? ホオズキの実は未だ青かった。

P7134386ヒメフウロ1020 (213x320).jpg P7134387八重ドクダミ1020 (213x320).jpg
ヒメフウロ 10:20          八重ドクダミ 10:20

P7134388ソバナ1021 (213x320).jpg P7134389ソバナ1021 (213x320).jpg
ソバナ 10:21 小さい蕾      色づいた蕾    

P7134390タマアジサイ1022 (213x320).jpg P7134391ヤブカンゾウ1023 (210x140).jpg
タマアジサイ 10:22 蕾      ヤブカンゾウ10:23

P7134393タツナミソウ属1024 (213x320).jpg P7134395クワガタソウ1025 (213x320).jpg
タツナミソウの仲間 シソ科    クワガタソウの実

P7134397神代欅1027 (443x590).jpg
神代欅 10:27

P7134399御嶽神社手水1030 (210x158).jpg P7134400御嶽神社鳥居1030 (218x290).jpg
御嶽神社手水 お犬様用も有り  御嶽神社鳥居

P7134401レンゲショウマ1031 (213x320).jpg P7134402レンゲショウマ1031 (218x290).jpg
レンゲショウマ/蓮華升麻 キンポウゲ科 蕾

P7134407道標(05-850)1037 (210x158).jpg P7134408(05-850)1037 (210x158).jpg
道標(05-850) 10:37

P7134409天狗の腰掛杉1041 (443x590).jpg
天狗の腰かけ杉 10:41

P7134410道標(83-070)1041 (210x158).jpg P7134413ミヤマタニワタシ1050 (210x140).jpg
道標(83-070) 10:41     ミヤマタニワタシ マメ科

P7134412タニタデ1046 (443x590).jpg
タニタデ アカバナ科ミズタマソウ属

P7134414ノリウツギ1051 (213x320).jpg P7134415イワタバコ1052 (213x320).jpg
ノリウツギ 10:51        イワタバコ 10:52 蕾

P7134416奥の院分岐トイレ1057 (210x158).jpg P7134419バイカツツジ1102 (210x140).jpg
奥ノ院分岐・新トイレ 10:57  バイカツツジ/梅花躑躅

P7134421木橋1106 (443x590).jpg
木橋 11:06

P7134422 (443x590).jpg
沢沿いの道 11:07

P7134423 (443x332).jpg
沢沿いの道 11:07

P7134424 (443x590).jpg
沢沿いの道 11:08

P7134420イヌトウバナ1106 (213x320).jpg P7134425道標(05-730)ロックガーデン分岐 (218x290).jpg
イヌトウバナ/犬塔花 11:06 道標(05-730)ロックガーデン分岐 11:08

P7134426ミヤマタニソバ1111 (218x290).jpg P7134428テバコモミジガサ1115 (218x290).jpg
ミヤマタニソバ タデ科       テバコモミジガサ キク科

P7134427木橋1113 (443x332).jpg
木橋11:13

P7134432クサアジサイ (218x290).jpg P7134433 (218x290).jpg
クサアジサイ 11:17    

P7134434道標(05-710)1127 (210x158).jpg P7134436道標1137 (210x158).jpg
道標(05-710)11:27     道標11:37

P7134437バイカツツジ1143 (443x295).jpg
バイカツツジ 11:43

P7134438道標1146 (218x290).jpg P7134439これより岩場1148 (218x290).jpg
道標 11:46 「これより岩場」 11:48

P7134440大岳山荘1204 (443x332).jpg
大岳山荘(閉鎖) 1204 右手奥のトイレは使用可
かつてはヘリポートとしても使われていた見晴らし台は、老朽化の為立ち入り禁止。

P7134442道標(05-680)1211 (210x158).jpg P7134441大嶽神社鳥居1204 (210x158).jpg 
道標(05-680)12:11       大嶽神社鳥居

P7134444大嶽神社鳥居1211 (443x590).jpg
大嶽神社鳥居と山頂への道
どうもこの鳥居を潜って道を辿ると、お社に参拝せずに通り過ぎてしまいそうになりがち。 先ずは神様にご挨拶を忘れずに。 お山そのものがご神体とはいえ、お参りしてから登らせていただくこと。

P7134445大嶽神社拝殿1213 (218x290).jpgP7134447大嶽神社本殿1214 (218x290).jpg
大嶽神社拝殿 と 本殿

P7134446大嶽神社本殿・拝殿1214 (443x332).jpg
山頂への道からの本殿・拝殿

P7134448大岳山頂への階段1214 (443x590).jpg
P7134450大岳山頂への道1215 (443x590).jpg
大岳山山頂への道

P7134455岩の道1221 (443x590).jpg
P7134456岩場1221 (443x590).jpg
大岳山山頂への岩場

P7134460道標(05-640)1226 (210x158).jpgP7134462大岳山山頂1226 (218x290).jpg
道標 12:26       大岳山山頂 12:26

P7134459?山1225 (443x332).jpg
P7134463?山1226 (443x332).jpg
大岳山頂からの眺め

P7134465クリ♀花1254 (213x320).jpg 栗の雌花

垂れ下がった枝で間近に雌花を観察できて楽しんだ後、いよいよ先程登って来た道の下り。 

今回のコースで一番気を付けねばならない所。 

慎重にお客様をお連れするのに安全なルートを選びながら下る。
ところどころ、巻道というか迂回ルートが出来ている。





P7134467道標1308 (210x158).jpgP7134468道標1337 (210x158).jpg
道標 13:08 大岳山荘上に戻る 道標 13:37

P7134471道標(05-730)1351 (210x158).jpg P7134472道標1351 (210x158).jpg
道標 13:51

浅間嶺からずっと蕾を追いかけて来て、やっと華麗なるギンバイソウの花に出会えた。   

P7134474ギンバイソウ1354 (440x660).jpg

透き通るような純白の花は傷みやすく、穢れない美しい花に巡り合えるのは嬉しい!

P7134477ギンバイソウ1354 (443x295).jpg

思わずシャッターを切りまくり、置いて行かれる…

P7134487ギンバイソウ (443x295).jpg
ギンバイソウ

少し下から仰ぎ見るとこの花の美しさが良く分かるのだが、気付かずに素通りしてしまう人が多くて残念。

P7134478綾広の滝1400 (443x332).jpg
綾広の滝 14:00  御岳山域のパワースポットとして有名

P7134479綾広の滝1401 (443x590).jpg
暫し滝音に身をゆだね、少しでも身の穢れを祓って頂けますように…

P7134482お浜の桂 (443x590).jpg
お浜の桂

P7134484 (443x590).jpg
振り返り見た綾広の滝と清浄な沢

ギンバイソウと並ぶ、今回の見どころの花は・・・

P7134489タマガワホトトギス1404 (207x310).jpg P7134490タマガワホトトギス (207x310).jpg
タマガワホトトギス/玉川杜鵑 やった、来週はもっと咲いていそう!

P7134492 (443x590).jpg
苔むすロックガーデン

P7134493カシワバハグマ1410 (218x290).jpg P7134494イワタバコ1410 (207x310).jpg
カシワバハグマ/柏葉白熊 キク科   イワタバコ

P7134495イワタバコ1411 (495x660).jpg
イワタバコ こちらは未だ蕾が固いけれど、蕾も可愛い。 名前の由来の大きな葉も綺麗。

P7134496東屋1412 (210x158).jpg
東屋休憩所 14:12 お手洗いがもう少し清潔だと嬉しいな。 こんな綺麗な沢に不釣り合いで残念。 水を汚さないように気を付けて、どうにかできないものなのか。

P7134499 (218x290).jpg P7134500 (218x290).jpg

P7134501天狗岩1436 (443x332).jpg
天狗岩 14:36 天狗さんの横顔に見えますか?

P7134504 (443x332).jpg
道側からみた天狗岩

P7134506天狗岩登り口 (443x590).jpg
天狗岩 登り口  若者がひょいひょいと登って消えていきました。 若しかして天狗さんの化身?

P7134507ノリウツギ1448 (210x140).jpg P7134509ヤマアジサイ1453 (210x140).jpg
ノリウツギ 14:48   ヤマアジサイ 14:53

P7134510 (218x290).jpg P7134511道標(83-080)1454 (210x158).jpg
道標(83-080) 14:54   もう一息の登り。

P7134514長尾平・長谷川恒男碑1457 (210x158).jpgP7134515長尾平・長尾茶店1457 (210x158).jpg
長尾平分岐 14:57 長谷川恒夫碑 と 長尾茶屋

P7134518キブシ1507 (218x290).jpg P7134520御嶽神社新灯篭1510 (218x290).jpg
キブシ 15:07  御嶽神社の新灯篭 15:10 真新しい木の香りが爽やか

P7134522馬場家上1517 (443x332).jpg
御師・馬場家 15:17 かやぶき屋根のお屋敷

P7134527馬場家 (443x332).jpg
去年葺き替えられて、見事な姿に。

P7134529猿田彦大神石碑1519 (218x290).jpg P7134531ギンリョウソウ1525 (213x320).jpg
猿田彦大神の石碑15:19  ギンリョウソウ 15:25 花後 実りかけています

P7134532ヤマユリ1527 (443x332).jpg
ヤマユリ 15:27 満開。 来週まで残っていますように…

P7134533ケーブル御岳山駅1528 (218x290).jpg P7134534御岳山駅1528 (210x158).jpg
ケーブル御岳山駅到着 15:28

幹事より、本番はもう少し遅めのペースでとのこと。 にこにこハイキングのお客様は、歩きなれた脚力の強い方が多いので、余りゆっくりでも歩きにくいかと思うが、初めての方もいらっしゃるので、状況を見て要判断。

さぁ、後は本番の晴天を待つばかり!
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 奥多摩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください